東京モーターショーの新車の自動車保険は?

卓越した悪路走破性はそのまま最新エンジンで燃費性能も向上。

 

現行型モデル登場から20年目となる2018年に、ジムニーが新型に切り替わる可能性が極めて高い。

 

となれば、その前年の東京モーターショーで、損保も注目のプロトタイプ的なモデルが出展されることになるはずだ。

 

新型のトピックは搭載エンジンの変更と、自賠責保険や車両保険を安くできる点。

 

従来のk6a型から最新のr06型直噴ターボに切り替わるほか、エネチャージ採用グレードの設定も補償内容が年齢条件に加えられると考えられるようだ。

 

ラダーフレーム構造やパートタイム構造やパートタイム式4wdなど、基本的な構成は変わらないため、圧倒的な悪路走破性は不変。

 

それに省燃費性能が加わるとなれば、今度のジムニーかなりすごそうだ。

 

低燃費によって、エコカー減税や自動車保険料を節約することができそうです。

 

開発現場では運転者はメインドライバーで見積もり手続きをする。

 

いまだにオリジナルモデルへのこだわりが強いと言われるダイハツ。

 

そんなダイハツが今度のショーに出展するのだが、ブーンx4後継者だ。

 

エンジンは1リットルの直3ターボ。

 

保険料の節約につながるトールが積んでいるものを強化して搭載する。

 

軽自動車は料率クラスがありません。

 

トールが積む直3エンジンにどれだけのポテンシャルがあるのかは不明だが、かつてのストーリアx4、ブーンx4よろしく「すごい」といわれるスペックで登場してくれるのは確実だ。

 

2013年、ヴィッツをベースにターボ、専用チューニングの足まわりなどを与えられて登場した「ヴィッツgrmnターボ」

 

200台限定で発売され、そのスポーティな走りが高く評価されたが、そのモデルが「grmn2」となって再登場する。

 

このモデルはトヨタのwrc参戦を記念して製作されるもので、ボディは欧州仕様の3ドアがベース。

 

ラリー参戦記念ということで、迫力のあるワイドボディをともなっての登場が期待されたが、全幅はノーマルと変わらず、1695mmとなった。

 

保険料を比較してみると、年齢条件や事故の補償内容、見積もり手続きは、賠償の請求改定で割引が適用されます。

 

とはいえ、grmnの名で登場するだけに、ブレース類の追加やスポット打点の追加など、ボディは徹底的に補強され、足まわりもショック、スプリングともに専用品に完走。

 

ブレーキにも専用の変更が入り、スポーツ走行時の大きな入力をがっちりと受け止める。

 

これで事故率は下がるでしょう。そうすればネットからの任意保険の申し込みと合わせて、保険料の節約になりますね。

 

この組み合わせは、英国製ライトウェイトスポーツの雄であるロータエリーゼsと同じであり、当然出力も同じ。

 

優秀な自動車ですね。

 

組み合わされるミッションも6速mtに進化して、走りの実力、楽しさは前作を大きく凌駕していることが、この事実からだけでも容易に想像できる。

 

気になるのは保険料。最新型である点は保険料が高くなるが、エコカーであれば減税が受けられて特約などで保険料の節約につながる。

 

このヴィッツgrmn2がいつ登場するかということと、賠償の方針がどうなるのかです。

 

販売開始は秋くらいになる見込みで、予想の保険料は年間で15万円くらいになるのではないでしょうか。

 

黒を基調にしたシルバーの差し色が入れられるなど、内装にも手が入ったスペシャル版として登場します。

 

気になる人は今後の動向に注目だ。

 

自動車保険ランキングを見たい

 

自動車保険を選びたいと思っても、保険会社のサービスがどう違うかなんてわからないし、たくさんありすぎて選びきれないですよね?

 

どこが安いかもわかりません。

 

しかし、自動車保険のランキングを見ればカンタンに選ぶことができます。

 

ランキングなら簡単に比較できますし、料金や事故対応など各保険会社の強みもわかります。

 

自動車保険のランキングならこちら